【大学入学共通テスト2021】第2日程のメリット & デメリット

教育
スポンサーリンク

文部科学省は6月19日に、大学入学共通テストに第1日程、第2日程、特例追試験と、3つの日程を設定することを発表しました。

当然、受験生(大学受験に関わる皆も)は大混乱に陥ったわけですが、
いまだに『どの日程がいいの?』という疑問の声が聞こえます。
※保護者さまに至っては、考えることを放棄したようなお声もいただきます。

今回は大学入学共通テストの第二日程を選択するメリットとデメリットを
説明します。学校全体が第1日程の動きだから合わせよう・・・とかではなく、
自分にとって最善の受験は何かという視点で考えれるようになっていただければと
思っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウィルス感染症対策に伴う変更点

試験実施日

新型コロナウィルス感染症の影響に伴う学業の遅れに対する対策として、第2日程が設置されます。

第1日程(従来通り) 2021年1月16日(土)~17日(日)

第2日程(変更点)  2021年1月30日(土)~31日(日)

第2日程については、現役生で在学する学校長が「学業の遅れ」のため第2日程で受験することが適当であると認めた場合に対象になります。

ちなみに手続きは、志願票に記入するなどではなく在学する高等学校等が取りまとめて出願する際に「志願票総括表」の「受験日区分」によって申し出ることになっています。ですから、学校の先生からご説明があった際は、しっかりと聞いておきましょう。

また、第2日程の試験会場は全都道府県に設定されます。

追試験

第1日程をやむを得ない事情(疾病、負傷等)により受験できない場合は、
追試験が 1月30日(土)~31日(日):第2日程 に実施されます。
もちろん試験会場も全都道府県に設定されます。

そして、第2日程をやむを得ない事情(疾病、負傷等)により受験できない場合は、
特例追試験が 2月13日(土)~14日(日)に実施されます。
試験会場は、全国を2地区に分けて各々1カ所設置されます。

特例追試後の出願受付期間は2021年2月15日~18日 です。
受験後すぐに出願手続きに入る必要がありますので、願書はある程度難易度の幅を持って準備しておく方が賢明です。

そして、この特例追試の英語出題方法は・・・
【筆記】発音、アクセント、語句整序などを単独で問う問題も出題する
【リスニング】聞き取る音声はすべて2回流すものとする

あれ?これ・・・ただのセンター試験ですよね?
共通テストは1回しか音声を流さない問題もあるのに、すべて2回って・・・。
これが公平なテストなのか、本当に疑問ですね。

第2日程のメリットとデメリット

第2日程を選択するメリット

大学入学共通テストの受験まで2週間の猶予が出来ることが最大のメリットです。

この時期の2週間は学校のある平日に換算すると1ヶ月相当の勉強時間に相当します。

理科・社会など最後まで成績が伸びる科目においては、大きなアドバンテージになるといえます。あと、理系の皆さんは古文や漢文が地味に効いてくる可能性があります。

大学入学共通テストの点数比率が大きい大学(教育系、看護系が多い)を
目指している生徒は一考の価値ありです。

第2日程を選択するデメリット

国公立大学の二次試験までの準備期間が2週間短くなります。

しかも、国公立大学の二次試験に対する出願期間は第1日程の受験者と同じです。
※出願期間: 2021年1月25日 ~ 2月5日

つまり、第2日程を選択すると受験後3日程度で二次試験の出願を終える必要が
あるということです。
この短い期間で、学校の先生と面談し、親と相談し、出願書類を揃えて・・・って
考えただけでもゾッとする日程ですね。

想定通りの点数ならスムーズに進むでしょうけど、思うようにいかずに志望校変更とか下宿が
必要な大学を選択することになるとなった
ときに、十分な検討ができるか?
本当に悔いのない選択をしたといえるか?

第2日程を選択する方は、
 ①思ったよりも大成功だったとき
 ②想定通りのとき
 ③正直、失敗したとき
この3段階の出願先は想定しておくべきです。自分で考えるのが難しいなら、
学校の先生に相談するなり、塾の先生に相談するなりして準備を整えましょう。

センター試験時代の常識として、追試験の方が若干高い難易度の傾向があります。

つまり、2週間多く勉強したのに難易度が高くなると、ただ二次試験の準備期間が短くなっただけに
なる危惧がある。

そして、得点調整のルールにも注意が必要です。

共通テスト(1)と共通テスト(2)それぞれにおいて、原則20点以上の平均点差が生じ、
試験問題の難易差に基づくものと認められる場合に実施されます。
受験者が1万人未満であった科目は得点調整の対象とはなりません。
※ 共通テスト(1)と共通テスト(2)の間では、得点調整は行われません。

【対象教科科目】
(1)地理歴史の「世界史B」「日本史B」「地理B」の間
(2)公民の「現代社会」「倫理」「政治・経済」の間
(3)理科②の「物理」「化学」「生物」「地学」の

実際に第二日程を希望している人数は?

2021年度(令和3年度)大学入学共通テストについて、高校3年生が希望する受験日程は

「第1日程」が約43万1,000人

「第2日程」が約3万2,000人

であることが2020年7月31日、文部科学省の調査結果から明らかになりました。

第2日程の希望者はわずか7%・・・ということですね。

まとめ

以上、大学入学共通テストの第2日程に関してまとめてみました。

メリットよりもデメリットが勝っているように私は思いますが、少しでも時間が欲しい人や
大学入学共通テストの点数割合の大きい人にとっては一考の価値はあるでしょう。

せっかくの制度ですので、ご自身の志望大学の特徴を理解した上で活用すれば、
凄い武器になることは間違いありません。

引き続き万全の準備で、大学受験突破に向けて頑張っていきましょう!

以上、お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました